こんなにある!歯科衛生士が活躍する仕事内容

歯科衛生士とはどういう職業か

歯科衛生士は、厚生労働省の指定する学校を卒業し、国家試験に受かった人だけがなることのできる国家資格の職業です。歯科医院で働いているイメージがありますが、歯ブラシなどを製造しているメーカーや、市町村などでお口の健康を扱っているなど幅広い分野で活躍していますよ。最近は、老人ホームなどで働いている歯科衛生士も増えていて、在宅ケアにも力を入れています。子供からお年寄りまで、自分の歯で噛める喜びをサポートしてくれる仕事です。

歯科衛生士の主な仕事内容

歯科衛生士の仕事内容は国によって決められています。細かく書くと膨大な量になってしまいますが、大きく分けると3つの仕事があります。1つ目は歯科予防処置といって、フッ素を塗ったり、歯石を取り除くなどして虫歯や歯周病といった奥井の病気になりにくい予防を行います。2つ目は歯科診療の補助で、歯科医師の行う治療の補助をします。3つ目は歯科保健指導といって、歯磨きの仕方など、お口の健康を守るための指導を行います。

まだまだある仕事内容

虫歯や歯周病を防ぐことは歯科衛生士の大切な仕事ですが、最近はそれ以外にも仕事内容が増えていますよ。ライフステージに合わせて、噛む機能が衰えたり、飲み込みにくくなっていきます。そこで、摂食訓練や嚥下訓練も歯科衛生士の仕事として扱われるようになりました。歯を清潔に保つことで、食べやすく、生きる力にもつながっていく仕事です。患者さんと歯科医師とのコミュニケーションを橋渡しするなど、医療の世界において欠かせない存在です。

歯科衛生士の求人のメリットを知るために、各地の病院やクリニックの働き方やキャリアアップのシステムを確認することが良いといえます。